これだけは守るべき!結婚式場において大切な3つのマナー

初めて結婚式に参加するのって、結婚する当人たちではなくてもすごく緊張してしまいますよね。「一体どんな作法があるの?」とか、「どんな服装が適切なのかな?」と色々悩んでしまうことも多いことでしょう。不作法は相手に迷惑をかけるだけでなく、自分自身の信用を落とすことにもなりかねません。それは結婚式に限らず、どのような場でも同じことです。実際に結婚式に参加するときに焦らないようにするためにも、あらかじめ結婚式場でのマナーを覚えておきましょう。

マナーを守るには必要最低限のことをこなすだけで大丈夫ですから、あまり肩肘を張りすぎる必要はありません。それでは、結婚式場で守るべきマナーのポイントを3つに分けてご紹介したいと思います。

一つめは服装に関する気配りです。一番最初に目につくのはやはり外見ですから、この点はしっかりキメておきたいところですね。女性の服装は、白色は絶対に避けるべきです。なぜなら、結婚式の場において白色というのは主役である花嫁のための色であるからです。かといって黒一色であるのもあまりよくありません。黒は喪服を連想させるからです。ただラメや光沢のあるドレスなら黒色であっても暗すぎないため、結婚式の場に着て行っても問題がないとされています。

それから、昼と夜でドレスを区別する必要があります。昼はアフタヌーンドレスを着用し、夜にはイブニングドレスを着るのが普通です。夜の場合は多少露出があっても問題ありませんが、昼は露出を控えるべきです。また、昼に光り物を身に付けることはあまりよしとされませんが、夜では問題ありません。女性は服装の区別がかなりはっきりしていうということを念頭においておきましょう。

男性の場合でももちろん服装のマナーは存在します。男性の服装は基本はスーツで、中でも昼夜共通で着られるダークスーツが最適です。柄は無地の物が良いです。しかし、主賓であるのならばもっと格式的な面を持たせた方が良いでしょう。その場合は昼にはディレクターズスーツを、そして夜にはタキシードを着用するようにしてください。

二つめは結婚式場に入るときのマナーです。指示があるまでは会場には入れません。また、入口で新郎新婦やその両親が来賓の方々へ軽い挨拶をするために待機していることもあります。その場合は必ず来賓側も挨拶を交わす必要があります。しかし、ここで長々と話し込むことは厳禁です。後から入場してくる人も大勢いるわけですから、その流れを滞らせないためにも「このたびはおめでとうございます」程度の軽い挨拶でこの場は終えるようにしましょう。

最後は式場を退場する際のマナーです。テーブルに置いてある食事のメニューや席札、そして入場時に渡された席次表は必ず持ち帰るようにしてください。いらないから、と置いたままにするのは失礼にあたります。

また、出口では入場時と同様に新郎新婦やその両親が送り出してくれています。彼らには「おめでとうございます、お幸せに」など、お祝いの言葉を必ずかけるようにしてください。最後まで祝福の気持ちを相手にきちんと伝えることが大切なのです。それから、ここでも長々と話し込むことは後の流れを止めることになりますから厳禁ですよ。

守るべき節度というのは男性も女性も一切関係がありません。新郎新婦を新しい人生へ快く送り出すためには、来賓側が式場におけるマナーをしっかりと守ることが大変重要になってくるということです。主役は新郎新婦であり、自分は二人を送り出す引き立て役なのだということを常に頭に入れておきましょう。来賓の節度ある行動が、結果として良い結婚式をつくりだすことに繋がるのです。結婚式探しを岐阜で考えるなら尚更のことです。

できるだけ費用は抑えたい…結婚式場選びで値引き交渉ってあり?

Q.結婚式を挙げたいと考えています。結婚式場に関してはいくつか目星はつけているところなのですが、なかなか決められずにいるため、検討している最中です。と言うのも、費用の面に関して悩んでいるためです。今後の生活のことを考慮し、貯金は可能な限り残しておきたいと考えています。ですから何とか式場側に頼み込み、極力費用を抑えたいと思っています。けれど、結婚式場の値段交渉は実際にできるものなのでしょうか?

A.結論から言えば、結婚式場の値段交渉は可能です!ただ、普通に結婚式場で契約を交わすだけでは値引き交渉をすることはちょっと難しくなってしまいます。より簡単に値引きをしてもらうためにも、新郎新婦側がちょっと工夫をする必要が出てきます。多少の手間暇がかかりますが今後の生活のことを考えるなら、堅実なあなたにとってはまったく苦にはならないはずです。

値引き交渉をしてもらうために必要な条件というのは、ずばり結婚式を挙げる時期です。結婚式にもやはりシーズンというものがありまして、大体が春や秋に集中しています。気候的に見ても結婚式を挙げるにはうってつけですし、来賓側としても参加しやすい時期ですからね。けれども、シーズンの時期ほど値引き交渉は難しいのです。そういうときは式場側の気持ちになって考えてみてください。

式場からしてみれば年中無休とまではいかずとも、どんな時期においても結婚式を催したいと思っています。シーズン中は契約数も自然と多くなりますが、オフシーズンは何かしら対処をしなければ契約は増えません。ですから、式場側はオフシーズンでも契約数を増やすために料金の値引き交渉を受け付けしやすくしているのです。

つまり、結婚式を挙げるのならオフシーズンほど狙い目というわけなのです!あなたやお相手の方が結婚の時期にこだわらないようであれば、季節に関して検討してみる価値は大いにあることでしょう。

それから、値引き交渉は契約前に行うことが肝心です。契約後だとすでに式場の料金の見積もりが済み、夫婦側も内容に同意したことになっているわけです。そのため、後からの値引き交渉はほぼ無理だと考えた方がよいでしょう。しかし契約前ならまだ見積もりも終わっていない状況でしょうから、値引き交渉をする余地は十分にあります。

また、他所の結婚式場を検討しているということをほのめかすという手もあります。相手の心を揺さぶる戦略ですね。ちょっと罪悪感を覚えるかもしれませんが、これも立派な戦術の一つです。「実は別の式場と迷っているんだけど…」と言えば、式場側も譲歩して値引きをしてくれたり、特典をプラスしてくれることがあります。

インターネットや結婚情報誌から得た情報を活用するというのも値引き交渉をする手段の一つです。割引特典を上手に活用したり、口コミの情報から値引き交渉に発展させることも不可能ではありません。口コミを活用する際は、それをしっかり紙面にコピーしておくことを忘れないようにしてください。形に残っている情報というのは口よりも遥かに勝る武器となってくれますよ。

以上の値引き交渉術を利用する他にも、式場側に予算をきちんと伝えることも大切です。また、その際は「抑えられるところは抑えたい」という気持ちをはっきり示すことも忘れないでください。プランナーは結婚式についてはプロですから、予算内で立派な結婚式の計画を立ててくれますし、あなたの気持ちをちゃんとくみ取ってくれます。値引き交渉術を上手に利用し、なおかつ式場側と綿密な相談を重ねて、あなたの理想の結婚式をつくりあげていってくださいね。

結婚式場選びでトラブルに発展させないための3つのポイント

結婚式はとても華やかなものですが、その陰には主催者たちの努力が隠れていることを忘れてはいけません。結婚式を挙げる前には新郎新婦が式場を選び、プランナーと一緒に試行錯誤して計画を立てています。円滑に計画を進めていけるのならそれに越したことはありません。けれど、時には計画を進めている最中に思わぬトラブルが発生してしまうこともあるのです。

そのトラブルが深刻なものに発展してしまうと、結婚式が予定通りできなかったり最悪中止になってしまうということにもなりかねません。後々嫌な思いをしないためにも、自主的にトラブルを起こさないように立ち回る必要があります。ここでは、結婚式場選びでのトラブルを回避する3つのポイントをご説明します。

1事前に式場についてよく調べておく
まず式場のパンフレットを取り寄せることは忘れないようにしましょう。それからネットを利用するという手もあります。現在はインターネットのおかげで、結婚式場を探すことも簡単になっています。中でも利用者の声というのは大変役に立つ情報です。いわゆる口コミというやつですね。確かに有力な情報ではありますが、すべてを鵜呑みにしてしまうことは避けた方が良いでしょう。パンフレットやネットでの情報だけでは足りない、不十分だと感じる場合は問い合わせれば式場を見学させてもらうこともできます。

受動的な態度だけではなく、能動的な行動に出ることも調査には重要な要素です。それに、自分の目で直接確かめた方が実際の様子を把握しやすいという利点もあります。事前にしっかりと確認をしておくことで、失敗を未然に防ぐことができます。人生においてとても大切な結婚式ですから、面倒くさがらずに夫婦で式場についてきちんと調べ、内容を把握しておくことが大切なのです。

2すべてをプランナー任せにしない
「結婚式のことはプロに任せるのが一番!」と考える気持ちはよくわかります。不慣れな人が介入すると、事態がややこしくなったり物事の進行に影響が出てしまったりすることは多々あります。けれども、結婚をするのは夫婦であってプランナーではありません。プランナーはあくまでも結婚式を挙げる人たちをサポートする立場にあるだけです。ですから、当事者たちが結婚式の計画に不参加なのはおかしいことなのです。

たとえ不慣れであっても自分たちのことなのですから、他人任せにしないでしっかりと意見を交わし合いましょう。意見は遠慮をする必要はありませんから、予算の限りで自分たちが希望する結婚式の内容を伝えるようにしてください。提案された内容をプランナーがくみ取り、最良の結婚式づくりを手伝ってくれますよ。

3わからないことはそのままにしない
本来なら自分たちにとって不必要なオプションが付いたままであったために、余計な出費をしてしまう場合があります。これは「よくわからないから」とプランナーに任せきりにしていたためにしばしば起こってしまうことなのです。結婚式の後には二人の生活が待っています。生活をより良くするためにも、余計な出費は避けたいところです。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」とも言います。わからない点が出てきた場合はそのまま放置せずに、その都度プランナーに質問するようにしてください。

結婚式の準備を円滑に行うには、式場に関する情報を注意深く集めて内情をよく知っておくことと、結婚式に対する自分なりの意見をはっきりさせておくことが大切なのです。結婚式は人生の区切りを示す重要なイベントですから、以上に挙げた3つのポイントを忘れないようにしてください。そして満足のいく素敵な結婚式を挙げられる式場を選びましょう!

これって迷惑?結婚式場でお祝いの品物を渡したいんだけど…

Q.大切な友人が今度結婚することになり、式にはわたしを招待してくれました。お祝いの品はこれから選ぶのですが、せっかくですから贈り物は結婚式場で渡そうと考えています。しかし母からは「やめなさい」と言われてしまいました。直接渡せるのならその方がわたしとしても安心できるのでいいかな、と考えていたのですが…。なぜ結婚式場でお祝いの品を渡さない方がよいのでしょうか?

A.確かにプレゼントは直接渡した方が相手の反応がよくわかりますし、喜ぶ顔が見られたらとても嬉しいですよね。けれどもご友人に本当に喜んでもらいたいのなら、相手のことを思いやることも大切なことです。その点から考えれば、あなたのお母さんの言う通り結婚式場で贈り物を渡すのは控えるべきです。

おそらく「当日に相手に渡さないのは失礼にあたるのでは?」という気持ちがあなたにも少なからずあるのではないでしょうか?しかしそんな心配はしなくても大丈夫です。むしろ、結婚式場で当日に渡す方が負担をかけてしまうことになりかねないのです。これは単純な話ではありますが、持ち帰るのに不便になってしまうためです。大きい物や重い物は特に持ち帰るのは大変になってしまいます。結婚式場でお祝いの品をもらうことは、新郎新婦にとっては「ありがた迷惑」となってしまうというわけなのです。

本来の習わしとしては、吉日に新郎新婦たちの自宅へ行き、お祝いの品を手渡しをするものでした。しかし、遠方にいたりするとなかなかそういったこともできません。現在では自宅へ送る方が一般的になってきました。送る日は結婚式当日ではなく、式の1、2ヶ月前にする方が良いとされています。それなら相手方も送り主への対応に余裕が持てます。

何らかの理由で遅れてしまう場合は、遅くても結婚式の1週間前には相手に届くようにしておきましょう。それでもだめだった場合でも式場に持ってくることは控え、後日宅配便などで送るようにしましょう。その際は遅れたことをお詫びすることを忘れないようにしてくださいね。

ちなみに、結婚式のお祝いの品に関してはその内容にも気を使う必要があるので注意してください。たとえばナイフ、包丁、はさみは贈り物に不適切とされています。これらは物を切る道具ですよね。そこから派生して「縁を切る」という意味合いを持つようになったのです。また、お皿や陶磁器といった物も結婚祝いの贈り物にはよくありません。これらは落としたりぶつけたりすればその衝撃で割れてしまいますね。そこから「夫婦の関係が割れる、壊れる」という意味が付属するようになったのです。

いずれも実用的だから別にいいじゃないかと思う人もいます。実際に、こういった品にプラス的な意味合いを付けることも多くなりました。たとえば包丁などは「前途の幸せを切り開く」という意味が付けられることもありますし、お皿などは割れて破片が増えることから「幸せが増える」という意味が付けられるようにもなっているのです。ただ、そうは言ってもやはりこうしたお祝い事には縁起を重視する傾向が高いです。そのため、安易に包丁やお皿を選ぶことは避けた方が無難だと言えます。

これからの新しい生活には何かと入用になりますから、あなたの贈り物がご友人の助けとなることは間違いありません。けれども、渡し方に気を付けないと逆に相手を困らせる事態になってしまう可能性があることを忘れないでください。お祝いの品を贈ることはご友人にあなたの気持ちがよく伝わりますから、新郎新婦の二人を祝うためには欠かせないものです。友人ご夫妻の幸せな姿を描きながら品物を吟味して、素敵な贈り物を選んであげてくださいね。

後悔しない!人生の一大イベントを楽しむための結婚式場の選び方

結婚式は愛する人と今後共に生きていくことを誓い合う大切な儀式です。ですから、男性にとっても女性にとって大変大切なイベントです。そんなイベントを失敗させるわけにはいきませんよね!新郎新婦を心から祝福でき、なおかつ同席している人たちが感動できる式にしたいものです。そのためにも、結婚式場を選ぶときは慎重にならなければいけません。

現在は選べる式場も多様になってきており、それと同時に自分好みの結婚式をつくりやすくなっています。式場は料金が高ければ高いほどよいというわけでもありません。「心地よい空間をきちんと築ける場所であるかどうか」ということが重要なのです。これが良い式場を選ぶポイントだと言えます。

この面から見れば、式場の多様化というのは結婚式を主催する新郎新婦たちにとっては大変ありがたいことですね。結婚式場は主に4種類のタイプに分けられます。予算と照らし合わせながら、自分たちが「これが良い!」と思えるものを選択していくようにしましょう。

まず1つめは専門式場です。なんといっても結婚式専門の場ですから、結婚のための設備が整っているので多彩な演出をすることが可能になっています。会場の大きさも多様なので、招く人数をあまり気にする必要もありません。それから披露宴の会場の他にも、チャペルや神殿で式を行うこともできるようになっています。結婚式の厳格な雰囲気にこだわりたい人には、専門式場はおすすめだと言えます。またスタッフも結婚式の専門員ですから、質問すれば不安点をすぐに解消してくれます。安心して任せることができるのも利点です。

2つめはゲストハウスです。邸宅が貸し切れるため、プライベートな空間を作ることができます。また、敷地全体を自分たちの好きなように飾ることが可能になっているので、自由度が大変高い点も魅力だと言えます。好きなように飾ることができる分、自分たちの個性が率直に式場に反映されます。ですから、オリジナリティを前面に出すことができますし、「この世で唯一の結婚式」をつくることができるのです。

3つめはホテルです。本来のホテルが持つ充実したサービスをうまく活用して、式に招いた人をもてなすことができます。なんといっても宿泊施設と送迎設備が充実していますから、遠いところに住んでいる人に来てもらう場合でも安心して結婚式に招くことができます。また式場が広々としており、ホテルだけあって高層階から見た外の景色が良いところが多いです。設備がしっかり整ったところで、なおかつ良い眺めを楽しみながら結婚式を行いたい人にホテルはおすすめです。

最後はレストランです。式の雰囲気をあまり堅苦しく仰々しいものにしたくない、という人におすすめですね。レストランをを貸し切って行うため、身内の間だけでひっそりと行いたいという人にも最適な場所だと言えます。料理がおいしいというところも魅力の一つでしょう。それから、ゲストハウスと同じく式の内装づくりに関しては自由度が高いという点も特徴として挙げられます。自分たちで内装を工夫をすれば、他の式場よりもぐっと費用を抑えることも可能です。

このように、結婚式一つを開くにしても多様な魅せ方があるというわけなのです。新郎新婦の二人が楽しめることはもちろんのこと、来てもらった人たちみんなに「素敵だった!」と言ってもらえる結婚式を行えるようにしていきましょう。式の準備はなかなか容易なことではありませんが、苦労した分だけ人の心に残る結婚式となってくれます。それは主催の新郎新婦にとっても同様です。そのためにも、結婚式場選びは手を抜かず、計画的にしっかりと進めていってくださいね。